防臭を考える。

「臭いの元を断ってこそ本当の対策」
TOC快適環境システム

■ 快適なトイレを維持することが大切なテーマです。

最近ではトイレの存在価値と重要性が認められ様々な場所に、きれいで機能的な素晴らしいトイレが見られるようになってきました。
しかし、どんなに立派なトイレも適切なメンテナンスなしには快適なトイレを維持することはできません。私たちは汚れてからきれいにするという後処理型メンテナンスではなく、予防型メンテナンスを大切に、3つの仕組みを皆様のトイレに合わせ、快適なトイレを常に維持できるよう真剣にサポートをしています。

■ 3ツの約束

  ●定期診断管理          (リピートメンテナンス)

  ●リフレッシュメンテナンス    (トータルクリーニング)

  ●設備改善支援          (リニューアルサポート)

専門資料がご覧いただけます。

■ 予防型メンテナンス

これまでのトイレメンテナンスは、「汚れてからきれいにする」「嫌な臭いがすれば芳香剤を取り付ける」といった後処理型メンテナンスです。予防型メンテナンスとは「汚れや臭いそのものの発生を元から断ち、未然に防ぐ」というものです。
これにより日常清掃が容易になり、常に快適なトイレが保てるようになります。

「定期的な個別診断と個別管理」
まず、トイレを「個別診断」します。トイレの場所や便器の位置などによってそれぞれの便器の使用頻度にばらつきがあり、たとえば高速道路のサービスエリア内のトイレについて計測をしてみると、入り口に近い便器は奥の便器に比べ約20倍の人が利用しています。
こうしたことから、便器の使用状況などを個別に正確に診断いたします。「個別管理」は、月に1度のサイクルで、おもに「尿石防止剤 ピピダリア」「森林浴特殊浸透膜消臭済ボンボア」のリピートメンテナンスを基本に、10項目に渡る確認・改善・報告いたします。

■ トイレのチェック

小便器情報チェック

洗面情報チェック

  ●バルブは正常に機能しているか

  ●洗面器は正常か

  ●小便器に異常はないか

  ●鏡に異常はないか

  ●小便器周辺の床、壁に汚れはないか

  ●水石鹸は機能しているか

  ●排水状態は良好か

  ●カウンターに異常はないか

 

  ●水栓金具に異常はないか

 

  ●排水状態は良好か

 

TOCは誰もが困っていても何処にも相談できないこれらの諸問題を謙虚に真剣に考えてまいります。                             ご相談下さい、トイレの専門家へ・・・