会社案内

プライバシーポリシーと通信販売法に基づく表示


会社案内

社名

有限会社 TOC (ティーオーシー)

代表取締役

関 秀太郎

設立

1998年8月31日

資本金

580万円

従業員

5名

事業内容

トイレ環境メンテナンス・節水コンサルタント

営業コンセプト

トイレを寛ぎと慰安のスペースに変え
           快適・安心・満足を提供する。

資格

厚生労働省認定 トイレ診断士 10-0203-0150号

所在地

本社

〒359-0024

埼玉県所沢市下安松1045-2-602

電話 04-2951-5877

FAX 04-2951-5888

Mail info@toc-oasis.co.jp

URLhttp://www.toc-oasis.co.jp


沿革

1997年8月

埼玉県比企郡川島町にて有限会社レディア設立

同時「アメニティーフランチャイズ」加盟

1998年9月

埼玉県新座市に営業拠点の設立

2001年10月

埼玉県所沢市に本社営業所移転

2003年1月

厚生労働省認定 トイレ診断士 10-0203-0150号取得

2005年10月

有限会社TOCに社名変更

2005年10月

ホームページ公開

 

業務案内

 

トイレ診断士

何故「トイレ診断士」
の必要性

「快適なトイレ環境」の普及のためには、まず、トイレに対する「正しい理解」をしていただくことが大切であると考えます。まだ、トイレは「臭い」「汚い」があたり前で、「臭くなってから」「汚れてから」対処するのが一般的であるといって良いでしょう。
日本中、世界中の人々が、正しくトイレとお付き合いすることで、少しでも「快適なトイレ」が実現するのです。TOCは、その普及活動の一端を「トイレ診断士」として、担っていかなければならないと考えます。

厚生労働省
社内検定認定制度とは

社内検定認定制度は、社内検定のうち、技術革新による変化が著しい先端的技能、社内の作業工程上特有な技能、流れ作業・組み作業等の技能などで、企業の特殊性が加味されるために国家検定である技能検定として全国斉一的に実施できないもののうち、技能振興上奨励すべきものを社内検定認定規程(昭和59年労働省告示第88号)に基づき、厚生労働省大臣が認定する制度で、1997年に創設されました。

トイレ診断士
認定証明証

          

トイレ診断士の仕事

トイレの診断をすることです。トイレルームが抱えている顕在的・潜在的トラブルは何か、そして、その原因は何なのかを見つけることです。
この「トイレ診断士」というのは、誰にでも与えられる称号ではありません。アメニティネットワークの事業に携わり、実務経験を十分積んだ者が、資格試験を受け与えられる称号なのです。

トイレ診断作業

換気チェック→臭気濃度チェック→排水チェック→診断書作成→提案→実作業

 実際の作報告書

サービスのご案内

サービスのご案内

TOCでは、「快適なトイレ」を目標にトイレの総合サービスを提供しています。

「リピートメンテナンス」「リフレッシュメンテナンス」「リニューアルサポート」の3つを大きな柱を持っています。トイレの専門家としてトイレに関するあらゆるご相談を承り、ご提案、サービスの実施を行い、お客様に快適なトイレ環境の提供をしています。

サービスで使用しているアメニティ・ブランドの製品類は、よりよいトイレ環境の追求をしていく中で、トイレの抱える様々な問題に対して独自に研究と開発を重ね生み出されたものです。
こうした製品は、国内および米国でも特許(一部申請中)を取得しており、独自のサービスの核となっています。また、新製品の開発では、常にお客様からのご要望も取り入れ、積極的に取組んでいます。

 詳しくはTOCサービスをご覧下さい。